立春

文字通り「春立つ」時期

寒さも峠を超えてこれからは春に向かう事を意味する節季名です

旧暦ではここを正月としていました



日本で古くから季節の区切り方

「二十四節気」

それを更に三つに区切った

「七十二候」

始まり


今日から2月8日までは

東風解凍

はるかぜこおりをとく

春の兆しとなる暖かい風が東方から吹き始め

冬の間に湖や池に厚く張り詰めた氷を少しずつ解かしていく頃

「東風」はるかぜ

「こち」と読ませて

「桜東風」さくらごち

「雲雀東風」ひばりごち

時期に応じた名をつけて呼ぶこともあります


季節を感じ

自然を感じる

広島では梅が開花したそうです


忙しい毎日

暦を知り

自然を感じる時間

大切にしたいです












閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示