価値

良く使っている椅子

たまたまメーカー名を発見

検索してみると

なんと4~5万円の椅子だった


それを知って感じてみると

確かに座り心地良く

デザインも繊細

なんだかんだと

やはり良いものなんだと思ったりする

ブランド 金額 

物の価値は 

何かのレッテル 保証があってからの

実感がともなうものなのか

レッテルをつけてから

価値をつけているかもしれない

日常的に使っていると

違和感や不便さは感じやすいが

良い物 特別な物は

当たり前になじんでしまうものかもしれない

ともすれば

違和感や不便さえも

慣れてしまい感じ無くなる


私達が一番 日常的に使っているのはこの身体

常に当たり前に活動し

特別な事をしなければ意識することは少ない


しかし

一つの卵子に向かって

走り出した4~5億の精子の中で生き残って

一番にたどりついた奇跡の結晶

その無防備な命が

多くの支えに守られて成長しているのである

これだけでもお金に変えることなどできない価値だと思う

そう思うと

自分の身体一つ一つに

意識向けて

心臓や肺

目や耳

その素晴らしさを感じるかもしれない

そして

そこには

どんな色だとか

どんな形だとか

どんな指向だとか

どこで生まれたなんて

まったく関係なく

すべての命がかけがえない

尊いものであると気づけるかもしれない



閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示