自律神経を整える 食事


①水を毎日2リットル飲む

1日に必要な水分摂取目安は最低1.5リットル

水分摂取量が少ないと

内蔵の働きが悪くなり

自律神経の症状があらわれてくる

水は内臓を動かす燃料と考える

②塩分過多の生活を見直す

塩分を摂り過ぎると 腎臓や胃が弱り

自律神経に大きな影響を与える

外食の多い生活の人はより一層注意が必要

③甘い物を減らす

仕事中など疲れたときに甘い物を摂ると

血糖値が急上昇し

膵臓と肝臓の働きを弱める

間食などはが血糖値が上がりにくいものを

チョコレートよりもバナナ さつまいも

④低GI値の食品に切り替える

GI値が高い食品は 糖質が多く 糖分への分解が早いため

血糖値を急上昇させる

GI値が低い 玄米 そば 春雨などに主食を置き換える

主食のパンやご飯を低GIの物に置き換える

⑤カフェインの摂取をやめる

交感神経を優位に働かせる作用を持つカフェインは

自律神経を乱す原因の一つ

日常生活いおいて

少し考えて選ぶだけで体調に変化が現れやすい

慢性的な不調を感じていたら

思いきって一度カフェインをやめてみる


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示