気持ちの癖 体の癖


沢山の方々の治療をして

沢山の方々とヨガクラスをして

常に力が抜けにくい方

猫背の方

反り腰の方

いろいろな体の個性とクラスを通して

向き合います

それと同じく

心にも個性が沢山あると感じる様になりました

目の前に起きた事実に対して

湧き上がる感情は

どの心を通していくかにより

変わってくる

例えば家の中で物が見つからないと

身近な私の母は

(誰かが盗んだのでは?)

私だと

(この前はいつどこで使ったかな?)

違いがあるように

同じ事柄が目の前に起きても

心のフィルターを通して生まれる

感情は変わってくる

それは環境にも影響される

はじめてのインドの旅では

一時でもパスポート 財布が確認できないと

盗まれたのではないかと不安になるので

何度も何度も確認した事を思い出す

不安から思考が偏り

柔軟な考えが生まれにくくなっていた

柔軟でない思考は

白か黒

極端な答えの間で揺れる

柔軟に事柄を捉えれば

いろいろな思考の選択肢が増え

より良い対応ができるかもしれない

体にも

心にも

癖があり

環境にも影響しながら

反応している

まずは

その癖を知り

受け入れて

偏りを少なくしていく

体と心の柔軟性を高めていく事が

日々の生きやすさに繋がるのかもしれない


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

価値