自律神経を整える 睡眠


自律神経メンテナンス

生活習慣からみてみます

今回は睡眠です

①休息を習慣にする

疲れたら休むのではなく

疲れないように時間を決めて休息を取るようにする

②決まった時間に起きて 太陽を浴びる

体内時計を調整することで

良い睡眠をとり体を回復させる事ができる

光を閉ざし 夜は明るく 朝は暗い環境では

特にリズムが狂いがち

③朝日を浴びながらウオーキングを行う

朝の時間のウォーキングで

良質な睡眠に欠かせない

セロトニンの分泌を活性化

体内時計を一定保つ事ができる

④寝る前の1時間を作る

寝る1時間まえから 寝るための準備を始める

それまでにお風呂をすませて

スマートフォン等は開かないようにする

⑤休みの日に寝だめをしない

平日 休日関わらず

なるべく毎日同じ時間に起きる事が大切

休日 遅くまで寝て夜中に寝るよりは

なるべくいつもと同じく起きて

早めに寝る方が翌日の回復感が得られやすい

⑥昼寝をしすぎない

アーユルヴェーダ的には ベットや布団に横たわる本格的な昼寝は

カパを高め 重さだるさを増してしまうとして すすめられていない

夏などの体力消耗時 子供 妊婦 高齢者は体力は体力が弱いので

昼寝が認められている

短時間の昼寝が良い

仮に昼寝が必要な場合は 椅子にすわり机に伏せるような方法が効果的

早寝 早起きは長寿に繋がるといわれます

朝遅く起きて 緊張と共に1日を迎えるより

余裕を持ってゆっくりと一日の出発を始める方が

心身的にも良く その利点を実感することができます

ただ

体質的なものや

起立調整障害など治療的アプローチが必要なものがあるので

起きれない症状が強く観られるときは

専門分野への相談も検討しましょう


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示