自律神経ってなーに?


自律神経とは

意識に関係なく 整理機能を自動的にコントロールする神経です

各臓器や血管 

分泌腺などに広がり

生命維持のために

生理機能を自動的に調整している神経です

その自律神経は

交感神経

副交感神経

2つに分かれます

この自律神経の

交感神経

副交感神経

同じ器官に対して相反する

作用します

心拍

交感神経 →増加

副交感神経→減少

血圧

交感神経→上昇

副交感神経→下降

呼吸

交感神経→促進

副交感神経→抑制

ここまでの解説で

交感神経=アクセル

副交感神経=ブレーキ

イメージしやすいですね

消化機能では

胃腸

交感神経=抑制

副交感神経=促進

唾液

交感神経=抑制

副交感神経=促進

消化機能では

アクセルとブレーキが入れ替わります

膀胱

交感神経=拡張(尿をためる)

副交感神経=収縮(尿を出す)

ここまででイメージすると

イライラしてるとき 

怒る時=交感神経活発になり

自宅でくつろいでいるとき 

リラックスしてるとき=副交感神経活発となる

つまり

怒る時は

心拍が上がり 血圧も上がる

くつろいでいる時は

力みをなくし 心拍も穏やか

怒りに包まれる時は

空腹を感じにくいし

ヨガしてリラックスしてるとき

お腹が鳴ったり トイレに行きたくなる

交感神経

・おもに器官を覚醒、促進、緊張状態 消化は活発

・身体を緊張させて エネルギー消費を向上

副交感神経

・器官を収縮 弛緩状態

・身体はリラックス エネルギー消費を抑制

ここまで

自律神経について

簡単にまとめました


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示