季節を巡るアーユルヴェーダ


インドのイメージ

先生の自己紹介

桜の話

なごやかなお話から

スパイスの話

そして自然とアーユルヴェーダのお話へ

サルトリイバラ

きっと裏山にありそう

春の過ごし方

身体の中に冷えが残りながら

冬に比べて消化力の低下

それに伴い免疫力も低下

花粉症 むくみ 惰眠 五月病

この季節多くなる疾患は

カパ(水)の性質が多くなることにより

バランスが崩れるため

ドライジンジャー 消化力の向上 体温上昇

長こしょう    コレステロール 血圧 ゴースト血管

大麦       血糖 血圧 コレステロール 排便促進

これらのものを

食事にと入れると良い

入浴は菖蒲湯

体内の水を出し

精神を強くする

まどかさんの

ハーブティーWS

春におすすめアーユルヴェーダ ハーバルブレンド

パールフルーツ  ホーリーバジルのブレンド

をいただきました

ホーリーバジル (トゥルーシー) いろいろなところで

いただきましたが

今回の物は

とても香り深く 甘みまで感じるようでした

早速

帰りに購入しました

朝貝先生

まどかさん

るみかさん

そして久々に会う方など

沢山の方と楽しい学びの時間を満喫しました

5月3日 憲法記念日

14時~

こちらの会場

SANTOSHAにて

気持ちいいヨガ

~自律神経メンテナンス~

開催します

城東地区の三階

古い町並みを見下ろしながらの

とても気持ちがいい空間で

ボルスター ブロック  タオル  ボール

様々な道具を使って

やさしく気持ち良く

首周りから

背中全体の緊張を解放して

深いリラックスを目指します

クラス詳細は

            ↓

こちらから

入り口には

とっても立派な

ガネーシャ神

ここでヨガできること

今から

楽しみです

御予約お待ちしています


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大寒