私の親子ヨガ


今日のクラス

介護の話

私のクラスには

同世代の方も多く

親の介護をされている方も沢山

私自身も

夜のクラスを減らし

実家の母に

買い物を届けたり

食事を作ったり

先月末には

歩行が低下して

家で寝てばかりだったので

歩行器のレンタル

週末など

サポートがしづらい

金曜から日曜に配食サービス

変わりゆく

親の状況にあわせて

サポートの方法を模索しています

そんな中

ふと思ったのは

親子ヨガ

一般に親子ヨガでイメージするのは

お子さんや赤ちゃんと一緒にですが

イメージしているのは

リラックスを深める

気持ちいいヨガ~自律神経メンテナンス~

ヒーリングヨガ

このクラスは

会場に一緒にお越しいただける方であれば

私たちと親世代

一緒に

参加していただけるヨガクラス

シニア世代だからこそ

受けていただきたいクラスであること

この2クラスは

ボルスター ブロックなどを使って

座り姿勢からサポート

ゆっくりとした動きなので

身体の個性にあわせて

ポーズを調整させていただけます

リハビリ医療

ヨガ

アーユルヴェーダの視点から

心身のアドバイスも

介護

される方も

されている方も

状況が重度化して

外出できなくなる

その前に

親子の共通の時間が

もてるといいなと思っています

追伸

重度して介護に押しつぶされそうになっている方

自分の感情をコントールできなくなって自分を責めている方

どうぞ

一人ですべてを抱えこまないで

自分だけで背負いすぎないで

介護サービスなど徐々に活用するためにも

地元の介護窓口など

あきらめないで相談し

他の人の手を使って

いつまで続くかわからない介護を

乗り切られるように願っています


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示