ドミトリー生活


行く前に心配だったのは 初のドミトリー生活

一人暮らしの長い私は 旅も一人気ままが好き

今回は ベットが並んだ

プライベートの少ない

いや プライベートなどない 集団生活

ぜんぜん 大丈夫でした

22時には寝て 4時前に起きる生活なので

ドミトリーのベットいるのは 寝る時だけ

インドを始め ヨガバケーションとして

数日から数週間 滞在の方々も

一ヶ月

はじめの隣のベットの方は 一晩中 天井のファンを回すので

寝る時は

ズボンを重ね着して 蚊帳の上に 布を広げて

風避けと目隠しに

振り返ると 二人部屋等は その人との相性や 距離感が難しいし

ましてや 一人部屋だと 感覚が広がっている時なので

夢かまことか いろんなものを感じましたが

まわりにイビキがあるぐらいが 安心して過ごせたように 思えます

もしこのブログを見てから

このドミトリーへ泊まる機会が

あるのなら

二階がおすすめです

昼の明るさと

空気の流れが

良いですよ

そして

セーフティボックス用に

南京鍵を持参してください

アシュラムにいる人で 嫌な人 一人もいなかった

多分 この環境も とても大事な学び

そして 最終日は 隣のベットの方と リキリャシェアして 街に降りてきました

多分 お互い名前も 知らないけど

彼は スロバキアから アーユルヴェーダセラピスト

そして ヨガ指導者

ヨガバケーションで来て 数日滞在 このまま リシケシへ

英語力のない私と 言葉だけではない会話

カルマヨガも この ドミトリーの清掃でした

次は カルマヨガについて


閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示