適切な運動量


強健になることを目的とし、力を増大させる好ましい身体的動きを体操という。

それを適度に行うべきである。

(アーユルヴェーダ入門) 

適切な運動これが大事

汗が出て

呼吸が激しくなって

からだが軽くなって

心臓の圧迫感を感じたところ

これが目安

この運動量は

個人差があります

自分の力を越えて運動するいう

無理な運動も健康にはよくありません

精神的に喜んで行うのが運動

ヨガのアーサナで

程よく汗ばむ感覚

眠っている身体の隅々を目覚めさせ

内側から暖かくなる感覚

これがとても大事

この時期の太陽礼拝

全身を動かす素晴らしい運動

もちろん

適切な量が大事です

何事も極端にならず

自分と向き合って

寒い時期は

なかなか怠りがちな運動

是非

寒いこの時期こそ

日常的にヨガを


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大寒