アーユルヴェーダ的 運動


アーユルヴェーダでは

からだを強靭にして、体力を増すために、運動をすることを勧めます。

毎日、自分の力に応じて、運動する人は、病気にならないと言うことです。

食べ合わせなどの間違えた食事の取り方による健康に対する悪い影響が、

よく運動する人には害をあたえないとはっきり言われています

(アーユルヴェーダ入門より)

巷に広まる

健康食品

何食べて痩せるなどいろいろ

食べ物の健康に対する影響は

大きなものですが

運動を伴わない健康法には

どこか限界を感じます

この晩冬の季節

熱が内にこもり消化力が上がり

食欲も向上します

消化の火が燃えてるときは

しっかり食べて胃壁を痛めないように

この時期に

食欲のみで昼寝 寝過ぎ 生活の乱れは

肥満への近道

晩冬こそ運動を

おこたらないようにしたいものです

適切な運動量については

次回へ


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示