晩冬の過ごし方


晩冬の過ごし方

アーユルヴェーダの視点から

寒冷に人体をさらす事を避ける

寒さから増加する

カパ ヴァータの増加を防ぐ

高カロリーの食事と運動

体の熱が放散することなく内側に向かい消化機能を高めます

他の季節より食欲増加 高進した消化力に合わせて高カロリーの食事で

ヴァータの増加を防ぐ

胃壁への影響を防ぐ

そして軽く汗ばむほどの運動

昼寝や寝すぎを避ける

食事と運動と共に、生活様式に気を付けて肥満を防ぐ

ゴマオイルでボディマッサージ

ヴァータを鎮静するゴマオイルで寒冷に対する皮膚の抵抗力を高める

冬には冬の生活を

美味しく食べて

暖めて

この季節こそ適切な運動を


閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大寒